特定調停の流れ

「特定調停の流れ」を以下のようにまとめておきます。

1. 簡易裁判所に申し立て:この時点で債権者からの取立てはできなくなります

2. 裁判所から調停委員を指定:弁護士、有識者が選ばれることが多いようです

3. 当事者間で協議:申立人は自身で何度か裁判所に足を運ぶ必要があります

4. 調停成立:裁判所の方で調停調書を作成します

5. 返済開始:調書に従って、3~5年計画で返済していきます

 

特定調停や債務整理をご検討の方は、当事務所へご相談ください。


当事務所はエリアでもトップクラスの実績があります! 当事務所にいただいた相談事例 詳しくはこちら